学习锦囊
文章附图

日语教材,相信很多人第一个想到的就是《新标准日本语》了,这确实是一本很经典的自学日语的教材,但缺点也是显而易见的。《新编日语教程》是华东理工大学出版,教材内容生动活泼,集结了知识性趣味性实用性于一体。

文章附图

学日语的同学,从学“初めまして”开始,就巴不得在自己的电脑上赶紧安装好日语输入法。那到底哪个输入法好?其实我们的电脑基本都自带有日语输入法,所以直接使用电脑自带的输入法也是个不错的选择。

文章附图

在前一篇——想学日语的你,该怎么开始——中,我们主要谈到了进入学习之前,我们需要做的思想和行动准备,接下来,我想总结一下我以及我的朋友在学日语过程中所走过的弯路,留下的经验或教训。

文章附图

大家好!我是都都!海都日语就是您学日语的最佳选择。为什么这么说呢?请看都都的介绍。 海都日语学院是一家专注日语教学、日本文化研究、日语翻译研究、中日文化友好交流的教育及咨询服务机构。

文章附图

做任何事,只要想做,就可以找到千万种理由开始,学日语也是一样,想学就学呗!从开始到坚持的过程中,你一定会越来越坚定,你的选择是明智的。好吧,如果非要拉出来说说,为什么学日语这个话题,那咱们就来聊聊吧。

文章附图

【中文】长沙【漢字】長沙【平仮名】ちょうさ【片仮名】チョウサ 【例文】 長沙は何処(どこ)ですか?长沙在哪儿? 週...

文章附图

因为工作关系,身边接触过很多或多或少会讲一些中文的日本人,他们说中文统一留给小编的feel就是:平翘舌音不分、“R”和“L”、二声和三声不分、还有一部分人“zui”发音清奇。

06.21日新闻听力-昨日NHK时事热点

发表时间:2020-06-21 15:16

本音频共3段,第一段:00:10 第二段:02:59,第三段:05:28





子どもの目が「オンライン疲れ」休校の長期化で不調訴える例も

新型コロナウイルスの影響で休校が長期化したことで、子どもたちがオンライン授業でパソコンやスマートフォンなどを長時間見続けることで目の不調を訴えるケースが増えています。こうした子どもを診療している眼科医は、国などが目を疲れさせないオンライン授業の形を示す必要があると訴えています。
東京の世田谷区眼科医会は、若い世代の患者が増えていないか、会員の医師に対してアンケートを行い、48人から回答を得ました。

この中で、緊急事態宣言が解除されたあとで小学生から大学生までの患者の数が変化したかどうか尋ねたところ、3分の1に当たる16人は感染拡大の影響などで「減った」か「どちらかといえば減った」とした一方、4割余りの20人が「増えた」か「どちらかといえば増えた」と回答しました。

患者から相談があった症状について複数回答で聞いたところ、16人が長時間にわたってスマートフォンの使用やゲームをしたことによる目の疲労や異常、そして、11人がオンライン授業でパソコンなどを長時間使ったことによる目の疲労や異常を挙げていて、具体的には「7歳の子どもが1日6時間パソコンを見たことで目を痛めた」とか「大学生が講義を一日中見ていたら痛くて目を開いていられなくなった」といった相談があったということです。

子どもの目の状況について、日本小児眼科学会などはことし4月、緊急の提言を出し、距離をとるとともに、長時間使い続けないよう注意を促しています。

多くの学校は再開されましたが、今後、感染の第2波が来ると、再び、オンライン授業が増える可能性もあり、眼科医は子どもの目を守る対策が必要だとしています。
子どもの患者を診察してきた世田谷区の眼科医、中山百合医師は「真剣に画面を見続けている子どもほど疲れがひどく、疲れを通り越してやる気を失っている子もいる。授業の合間に目を閉じたり、遠くを見て目を休めたりするための時間を設けるなど、オンライン授業の形を国が示す必要がある」と話しています。

新型出生前検査 “小規模診療所などでも” 学会の指針改定

生まれる前の赤ちゃんに染色体の異常がないか妊婦の血液を分析して調べる新型出生前検査について、日本産科婦人科学会は小規模な診療所などでも実施できるよう、一部を改定した指針を承認しました。
新型出生前検査は妊婦の血液を分析して胎児にダウン症など3つの染色体異常があるか判定する検査です。 

これについて、日本産科婦人科学会は去年、一定の条件を満たせば小規模な医療機関でも検査ができるよう、条件を緩和する指針を示しましたが、日本小児科学会などが妊婦の支援体制などへの懸念を示したことから、指針の運用はいったん見合わされていました。

日本産科婦人科学会は今日開かれた総会で、検査を受ける妊婦に対する説明文書を学会が共同で作成することや、妊婦の相談窓口を作ることなどを新たに加え、一部を改定した指針を承認しました。

記者会見で学会は「内容は受け入れ可能で、適切に支援したい」とする日本小児科学会などからの声明を受け取ったと説明しています。
新型出生前検査をめぐっては、医療倫理や社会学の専門家などでつくる有志のグループが、検査の在り方に関する提言をまとめています。
新型出生前検査の議論が停滞することや、検査の在り方について拙速な結論が出されかねない状況に危惧を示しています。

提言の呼びかけ人の1人で、北里大学の齋藤有紀子准教授は、日本産科婦人科学会の新たな指針について、「検査を受けた妊婦さんの悩みや葛藤を受け止めることができる体制を作らなければならない。医学の専門的な説明を行うだけではなく、簡単に言い表せないような不安など、妊婦の心に寄り添うという部分が、しっかり確保されているのか、疑問だ」と指摘しています。

家族とも面会制限続く 重い病気で入院の子どもたち 新型コロナ

緊急事態宣言が解除されておよそ1か月。全国に16ある小児がんの拠点病院などのうち少なくとも12の病院が、新型コロナウイルスから入院中の子どもを守るため、家族との面会や入院生活を支援するボランティアとの交流を制限する対応を続けていることがわかりました。小児看護に詳しい専門家は「制限が長期化すると子どもの成長を損なうおそれがあり、オンラインの活用など早期に取り組む必要がある」と指摘しています。
NHKは新型コロナウイルスの広がりが小児がんなど重い病気と闘う子どもたちの入院生活にどのような影響を及ぼしているか調べるため、小児がんの拠点病院など全国の16の医療機関にアンケート調査を行い、13の医療機関から回答を得ました。

その結果、12の医療機関が緊急事態宣言が解除されてから3週間が過ぎた今月中旬の時点でも、家族との面会について人数や時間を制限する対応を続けていることがわかりました。

また、子どもたちの生活や遊びを支援するボランティアやNPOなど外部との交流活動についても、以前から実施していない1つを除く12の医療機関が取りやめているということです。

小児がんなど重い病気と闘う子どもは長期の入院生活を余儀なくされるケースが多く、医療機関は治療だけでなく学習や遊びの提供など子どもの成長を支える取り組みを進めていますが、こうした支援を十分に実施できずにいる実態が浮き彫りになりました。

小児看護学が専門の聖路加国際大学の小林京子教授は「制限はやむをえないが、長期化すると子どもの成長を損なうおそれがある。医療機関はオンラインの活用のほか、安全管理のルールを作るなどして外部からの支援も受けられるよう早期に取り組む必要がある」と指摘しています。
咨询服务
 
 
 工作时间
周一至周日 :9:00-21:00
 工作时间
周一至周日 :9:00-21:00